FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「それらはすべて偽りの」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

寒さは残っているものの、だいぶ日が長くなってきた感があります。
1年があっという間に感じますね。


もう3月ですからね。

そうなんですよね。
春の気配、私は花粉で感じました;;
一昨日くらいから急にくしゃみとか目のかゆみが止まらなくなってきて辛いです。
マスクが欠かせませんw


というわけで前置きが長くなりましたが、フリーゲームレビューです。
ご紹介するのはこちらの作品。

「それらはすべて偽りの」
制作者:aiGame


↑画像クリックで作品HPへ

前回、前々回と引き続きaiGameさんの作品を取り上げることとなりました。


aiGameさんの作品しか読んでいないんですか?

いや、そんなことはないんですよ。
でもまあ、長編作品はなかなか読み切れなくてですね。
さらに商業作品も少しずつ進めているので……
言い訳はともかく、またレビュー書きますw

とりあえず、あらすじを引用しましょう。

高校2年生の5月下旬。

この春に近所に越してきた双子、

橋本 舞華(まいか)、橋本 才伽(さいか)と
過ごす夏がやってきた。

大人しい舞華と、強気な才伽。

どちらかを選んで、日々を過ごすが――

――君はまだ、本当の彼女を知らない。


以上、作品HPから引用。
「とある5月のヤンデレギャルゲ」という触れ込み通り、ヤンデレがテーマとなっています。


このブログでは、あまりヤンデレを扱う作品はレビューしていない感じでしょうかね?

うーん、そうですね。前々回の「はっぴーだうなーぷらんにんぐ」に少しヤンデレ風味があるのを除けば、
2年近く前の「ヤンデレラ」まで遡ることになるでしょうか。


ヤンデレと言っても、いろいろな種類があると思います。そのあたりはいかがでした?

そうですね。以前レビューした「ヤンデレラ」は、
まさしく私が個人的にイメージした通りのヤンデレだったので、
「あぁ、ヤンデレだなぁ」とすんなり受容できた覚えがあります。
それに対して今回の「それらはすべて偽りの」は、
確かにヤンデレではあるんですが、「ヤンデレ」というテーマよりも、
「各ヒロインの異常な内面」を重点的に描写している印象でした。
その描写が結果的にヤンデレになっている、みたいな。


うーん、けんのすけさん説明下手ですね^^;

グサッ
いや、なんというか、まあ下手なのは認めますけど、
要はですね、「思った通り」の結末にならないので、
最後のほうで「あれっ?」となるんですけど、
でも、ヒロインたちの考え方にはちゃんと根拠があって、
そういう点で読者を納得させる作りになっているんですよね。
……やっぱり説明難しいやw


^^;
ヒロインたちの考え方というお話がありましたけど、
特に舞華の考え方には、特殊で深いものがあったのではないでしょうか。


そうなんですよね。どちらのルートも衝撃的な内容ではあるんですが、
特に舞華のラストは考えさせられるものがありました。

あとは外観ですが、シリアスな描写以外ではコミカルなやり取りも見られ、
それが雰囲気を良くしていたかなぁと。
主人公の家族の描写が微笑ましいです。


aiGameさんの作品の特徴だと思うんですが、
地元の方言とか、風景とかが作中に散りばめられていて、
それもまた良い味を出していましたよね。


そうなんです。ヤンデレですから凄惨な描写ももちろんあるのですが、
それだけじゃない、というのもこの作品の魅力かもしれませんね。
主人公の名前が自由に設定可能なので、その点も親切だと言えるでしょう。


そろそろ総括に。
攻略対象人数2名のヤンデレギャルゲ。
途中にある選択肢で分岐します。
全部で4ルートだと思いますが、全部見ても1時間かからないくらいかと。
グラフィックやサウンドはオリジナルも多く含まれ、
作者さんのこだわりが感じられます。
システム面は一通りそろっておりプレイは快適。
名前変更可能というのも嬉しいです。

というわけで、「それらはすべて偽りの」のご紹介でした。
3月からは自由に使える時間がかなり減りそうな予感なのですが、
なるべく滞りなく更新していきたいと思います。
なるべく、です。(逃げ道

ではでは、お付き合い頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト
312:
またもレビューありがとうございます!
aiGameばかりで心配(疑惑かけられるとか)しましたが、
他の作品もプレイなさっているとのことで安心しました。

今作は、スケージュールとしては褒められるものではありませんが(最初の公開予定は2013年)、
「ヤンデレらしさを出すこと」
「かつ、刃物女とか猟奇キャラと言われず」に
ヤンデレを描けた点では満足しているので、
このようなレビューをいただけて感激です!
ヤンデラー冥利に尽きます。

や、ヤンデレの文字列がゲシュタルト崩壊を……。
313:Re:
>藤崎 藍さん

ご訪問&コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも作品を楽しませて頂いています。

「aiGameさんと言えばヤンデレ」というのは以前から聞き及んでいましたので、このあたりで一つご紹介してみたかったんですよね。3作目のレビューにしてようやく、という感じでしょうか。

ヤンデレらしさもさることながら、どちらのヒロインにもきちんとコアとなる感情があり、それを軸にお話が展開されているので、読者が納得しやすいんですよね。安心して読むことができます。

いろいろな記事を混ぜつつ、また機会があればaiGameさんの作品を取り上げたいと思いますので、またよろしくお願いいたします。

更新頻度上げねばw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。