FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「Graduaters! ~グラディエイターズ!~」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

少し間が空いてしまいました。なかなか思うようにいきませんねぇ;

本日もフリーゲームレビューをお送りいたします。
ご紹介するのはこの作品。

「Graduaters! ~グラディエイターズ!~」
制作者:スタジオ蜜柑


↑画像クリックで作品HPへ



この制作者さんは、ずっと前にレビューした「エイト・ストーリーズ」にも参戦されていたライターさんでしょうか。

そうなんですよね。
ずっと読みたいと思っていて、この程ようやく手を付けまして。
そうしたらちょうど良い長さであっという間に読み終えてしまいました。


とりあえず、あらすじをご紹介しておきますか?

はい。作品HPから一部引用しましょう。

寒さの残る三月、三年間お世話になった学校を去る日。
トラブルメーカーの幼なじみから、一通のメールが届く。
『今晩、学校に忍び込むから、健二も来るよーに』
俺は仕方なく重い腰をあげ、久々に夜の学校に忍び込んだ―



以上、作品HPから引用。


登場人物はHPにもありますけど、
主人公の常盤健二に、幼馴染の御堂明日香、そして友人の三笠優希の3名ですね。


はい。健二が明日香に呼び出され、夜の学校に忍び込むところからお話は始まります。
卒業式の当日の夜の、学校。
その特殊な舞台で、回想を頻繁に挟みながら、物語は徐々にクライマックスに向かっていきます。


その回想も含めて、舞台がほぼ夜の学校のみ、というのは独特だったのではないでしょうか。

そうですね。優希はともかく明日香とは昼間の学校などでも会うわけですから、
夜の学校以外の場面がもっとあって然るべきな面もあるのですが、
そこは結末と言いますか、最後まで読むと、
「これはこれで良かったのではないか」と思えてきましたね。
暗く、不気味な、夜の学校という舞台。
その中で物語を完結させることに意味があったのではないでしょうか。


……プレイしていない方にはちんぷんかんぷんな方向に行ってますよ><

おおっと、失礼しました。
さて、この作品で一番気に入った点は、キャラクターです。


あら。けんのすけさんにしては珍しい着眼ですね。

トラブルメーカーな幼馴染みというと紋切型なキャラづくりになってしまいがちだと思うんですが、
この作品に登場する明日香は、そういった「テンプレ」に留まらない深みを持っているのではないかと。
優希にしても然り。間違いなくフィクションではあるんですけど、どこかリアルに感じるんですよね。
それは具体的な特徴とか設定が、ではありません。
考え方とか、しぐさとか、人物の内面に関することです。


けんのすけさんは、こういう内面的なことを重視されますからね。
わたしも、作中で起きている出来事みたいなものは、ちょっと突飛に感じなくもなかったのですが、
登場人物たちの葛藤とか移り変わる心情とかには、とても共感できたように思います。


一言でいえば、「丁寧なキャラづくり」でしょうか。
キャラの描写が物語全体の説得力を生み出しており、
たとえ頻繁な場面転換や出来事の唐突さなどがあっても、
しっかりとお話の流れに乗ることができます。
この技術は本当にすごいと思いました。

余談ですが、明日香みたいな幼馴染みは良いですね。
自分に合わせてくれる、尽くしてくれる娘ももちろん好きなのですが、
明るい笑顔で引っ張っていってくれる娘も良いものだなぁと。
何より、自分を理解してくれるということの安心感。これですよ。


じとーっ。

……
美波さんの目が笑ってないので、総括にw
プレイ時間1~2時間ほどのノベル作品。選択肢はなく一本道です。
途中で頻繁に回想が入ります。
慣れないと少し戸惑うかもしれませんが、回想と現在の区別は明確なので大丈夫。
回想の活用も効果的だったように思います。
グラフィックは背景と立ち絵。立ち絵は高品質で、2人のヒロインは可愛く描かれています。
BGMは尺の割に種類が少なめ。この点は少し残念でしょうか。
けれど、夜の学校という限られた場所の中でのお話ですから、こんなものかもしれません。
システム面は最低限の機能に加えてクイックセーブなどもあり、平均水準以上。
快適にプレイできることでしょう。

言っていませんでしたが、作中には割ときつい場面もあります。
正直、こんなにきつくしなくても、と思わなくもないのですが、
同時にあの強いメッセージ性は、こういった場面があるからこそなのかな、とも思います。
ああいう場面を入れてでも、作者さんが伝えたかったこと。
私には、しっかり伝わりました。

というわけで、「グラディエイターズ!」のご紹介でした。
キャラが良くて、お話も◎。文章も読みやすく、お勧めできる作品です。
まだプレイしていない方でご興味を持たれた方は、ぜひお手に取ってみてください。

世間はお盆休み。あるいはコミケ。
ですが、私は暦通りの土日しかお休みがなく、今年は慌ただしかったです。
お盆らしいこともあまりできなかったなぁ;
何より、(物理的にも精神的にも)ゆっくりする時間がなくて、
いろいろな作業が滞ってしまいますね。

さておき、本日もお付き合いありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト
283:有明いってきまーす
おかゆさんのですね。エイトストーリーズの作品がすごく頭に残っています。Graduaters!といい  特徴のある 作風だと思います。エイトストーリーズにあの作品があったことで作品としての完成度が上がったと感じました。 その片鱗を覗かせるGraduaters!でした。

あす いやもう今日か 有明行ってきます。3日目の創作ねらい。基本全年齢版目当てで^^
284:Re:
>Lowさん

毎度ご訪問、コメントありがとうございます!

エイト・ストーリーズのあのお話も、今回のグラディエイターズも、なんと言いますか心情描写が深いんですよね。なので、読んでいて説得力がありますし、共感もできるのだと思います。

>エイトストーリーズにあの作品があったことで作品としての完成度が上がったと感じました。

エイト・ストーリーズは本当に、8つのお話がとてもバランス良く配置されていて、それぞれが「エイト・ストーリーズ」という全体を支え、完成度を高めていましたよね。

有明!良いですね!
お気をつけて行ってらっしゃいませ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。