FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「ゆめいろの空へ」

皆様こんばんはーけんのすけです。


お久しぶりです! 美波です!

さて、大変お待たせいたしました。
本日からまた、読むゲームのレビューを再開していきたいと思います。


最後にレビュー記事を投稿してから半年……ようやく、といったところでしょうか。

そうですね。言い訳ならいくらでも浮かびますが、まあそれはそれとして。
以前のような頻度……とはなかなかいかないと思いますが、
なるべくペースを崩さずに記事を上げていきたいです。


それにしても、レビューの復帰は商業作品になるかと思いきや、フリーの作品なんですね。
この間の記事では商業作品を~というお話があったような。


はい。商業作品も並行して進めているんですが、
どうしてもボリュームのある作品を一気に読むのは難しいものがあります。
まとまった時間も必要ですし。以前と違って作品を読むことに割ける時間の割合は減ってますし
それで、何か月かぶりにフリーの未読の作品にも手を出してみたんですよ。
そしたら、思いのほか(といったら失礼ですが)素晴らしかったもので。
読後感の消えないうちにレビューしようと思いました。


作者はあのNaGISAさんですからね。
思いのほか、ではなく、思った通り、ではないでしょうか。


というわけで、この復帰のレビューで取り上げるのは、NaGISAさんのこちらの作品です。

「ゆめいろの空へ」
制作者:NaGISA


↑画像クリックで作品HPへ


言わずと知れたノベルゲームレビュアーであり、
ご自身も様々なゲーム制作に携わっていらっしゃるNaGISAさんの作品です。
このブログのレビューも、NaGISAさんのレビューを見たことがきっかけで始めたようなものですからね。
そういう意味では、また原点に立ち返ってということで。
まあ、公開がだいぶ昔ですので、本当はもっと早くプレイして然るべきだったわけですが;


今回の「ゆめいろの空へ」で、NaGISAさんの作品を取り上げるのは3作品目でしょうか。
エイト・ストーリーズ」も含めれば4作品目ということになりますね。


そうですね。そんなわけで、内容に移っていきましょう。
まず、あらすじを引用してみましょうか。

大学2年生の夏目行人は、幼い頃に母を、昨年には父を亡くし、一人暮らし。
そんな行人の前に、ある日天使が現れた。
スピカと名乗るその天使は、「間もなく亡くなる運命にある貴方の魂を引き取りに来ました」と言うが。
お約束要素満載の、ちょっとファンタジックなラブストーリー。


以上、作品HPから引用。

冒頭から突飛な展開です。「魂を引き取る~」云々のお話は、
このブログでも以前取り上げた「明けない夜が来る前に」ですとか
死神と過ごした三日間」などを彷彿とさせます。
リベレイターでも死神でもなく、天使ですけど。


ですが、そのような非日常っぽさはすぐになくなって、
行人とスピカの2人を中心とする落ち着いたやり取りに移ってましたよね。


はい。この作品、NaGISAさんのレビューに登場する言葉を借りれば「ボーイミーツガール同居型」にあたるでしょう。
ですが、2人だけじゃない、脇を固める多彩なキャラが物語を盛り上げます。

この作品は左半分に文章、右半分に背景画像、という外観になっています。
そして、立ち絵はありません。

でも、だからこそ、というべきでしょうか。
文章には情景を表す地の文が多めで、しっかりと物語の流れを追うことができます。
特に、行人とスピカの関係の変化。
ゆるやかに、だけど確実に、縮まっていく2人の距離。


サブキャラも、みんな良い働きをしていますよね。
誰ひとりとして、欠かすことができない役割を持っていました。


NaGISAさんの作品というと、「カレイドスコープ」の印象が強いわけですが、
そちらでもキャラ一人ひとりに意義があって、
起伏がありながらも、結果的にしっかりとした芯のある物語になっていたと思います。


お約束な展開が満載、という触れ込みですが、そちらはいかがでしたか。

はい。この作品、10余りの章立てになっていて、
春から翌春までという長いスパンで登場人物を描いていきます。
各章にはある種お決まりのイベントが散りばめられ、
確かに「ああ、これかー」みたいな感じはあるかもしれません。
しかし、裏を返せば突飛ではないという安心感にも繋がっているのではないでしょうか。


そのような安心感に、章に分かれているという親切さが加わって読みやすいですよね。

そうなんです。一気に読むことができない読者にも優しい設計なんです。

でも、この作品で一番素晴らしいのは、あのラストでしょう。


そうですよねぇ……わたしも、「ラストで何かあるだろうな~」とは思っていたんですが、
まさかあんな展開になるとは。


はい。私も見事にはまってしまいました。
このあたりは詳しくは触れませんが、NaGISAさんが意図して制作していたということですので、
そういう点で「素晴らしかった」の一言に尽きます。
ぜひ、プレイして確かめていただきたいところですね。


そうそう、素晴らしかったといえば、音楽もなかなか良かったのではないでしょうか。

そうなんですよね。NaGISAさん作曲のものと素材のミックスですけど、
どれも選曲が良いお蔭で、快適に読み進めることができました。
このあたりの隙の無さはさすがですね。


そろそろ総括に入りましょうか。
プレイ時間5時間程度の、ややファンタジックな感動ノベルです。
選択肢はなく、一本道。13個の章に分かれているのが読みやすく親切。
立ち絵はなく、背景のみ。左半分に文章が表示される形式は、
会話文の量が控えめであることも相まってまるで小説を読んでいるかのような印象を与えます。
音楽も良曲揃い。クリア後に音楽モードと後書きが開放されるのも◎。
とにかくストーリーが素晴らしいです。
幾多の紆余曲折を経てあの結末にたどり着く。そこに尽きます。

ここからは蛇足かもしれませんが、私も二次創作をちょこちょこ書くようになりましたけど、
こういうお話を書いてみたかったと思うんですよね。
特に3か月くらい前に公開したあれとか、
「自分が言いたかったことはこの作品に書いてあったー!」
と、思わず唸ってしまいました。


とまあ、いろいろ書きましたが、この作品は自信を持ってお勧めできます。
もう5年も前に公開された作品なんですが、
読んだときに未だに深い感動を得られるというのは本当にすごいことだなぁと。
それと同時に、フリーのノベル作品を読んでいく意欲が、
これをきっかけに復活しつつある感じがします。
何て言うんでしょうかね。しばらく商業の作品をいくつかローテーションして進めていたんですけど、
ふとフリーの作品に戻った時、「あれ?」と思うことがあって(もちろん良い意味で)。


性に合っているということでしょうか。すいすい読み進められるってことは、そういうことなのでしょうね。
これは今後、レビューをたくさん期待できるということで良いでしょうか?(キラキラしたまなざし)
そう言えば、NaGISAさんも携わっている合作のフリーノベルも無事公開されたようですし、
プレイしなきゃいけない作品はいっぱいありそうですからね。
時間のある時に進めて、レビュー楽しみにしてます!
わたしの出番も増えるといいな……♪


そうそう。密かにチェックしてたんですが、
私のブログでも取り上げている作品のライターさんを含む、複数の作者の方が集まって
合作されたという作品がこのほど公開されたようで。読み終えたらぜひレビューしたいと思います。
それ以外でも、メールでお勧めされた作品もありますし、フリーの作品の積みゲーも多いなぁ;

そんなわけで、今日はこのあたりで。
改めまして、当ブログ・レビューを、またよろしくお願いします!


よろしくお願いします!

それにしても、レビュー記事を書く力がめっきり落ちているなぁと痛感。
かなり時間かかりましたし;
記事を書く力も復活できるように頑張ります!


ではでは、また次の記事でお会いしましょう! お付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト
267:ありがとうございます
作者のNaGISAです。ゆめ空を取り上げていただき、ありがとうございます。

この作品は非常に思い入れの強い物語ですので、楽しんでいただけたようでとてもうれしいです。

ラストにつきましては、じっくり練って仕込んでどーんと炸裂、みたいな感じを狙ってみました。いかがでしたでしょうか(笑)。ビジュアルリメイクの予定もありまして、絵はかなりできてはいるのですが、何分絵師さんが多忙につき、なかなか思うように進まないのが現状です(汗)。

最新の合作ノベル「ななつぼし」も、ぜひプレイしてみてくださいね。
268:Re:
>NaGISAさん

ブログにご訪問頂きましてありがとうございますm(__)m
カレイドがじわっと来るラストなのに対し、ゆめ空はあの強烈なラストがとにかく素晴らしくて。行人の設定が私自身と被るということもあって、より強く物語に入りこむことができましたね。ゆめ空Rも非常に楽しみです。

「ななつぼし」実はプレイ進行中だったりします。共通ルートは面白いという印象が強かったのですが、果たして個別はどうなるやら。終わりましたら記事にいたします。

最後になりましたが、ご結婚おめでとうございます!
幸せなご家庭を築かれることを切に願っておりますm(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。