FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「少女と囚人のジレンマ」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

今日で11月も終わっちゃいますねー; 結局今月はほとんど更新できませんでした。
来月こそはレビューなどをもっと書きたいと思います。
・・・と言いつつ年末は何かと忙しいので、思い通りにいかない可能性の方が高いですが;


今から弱気でどうするんですか^^;

そうですねw 少なくとも今月よりは記事の数が増えたらいいなと思いますw

と言うわけで、1か月以上空いてしまいましたがフリーゲームのレビューです。
今回取り上げるのはこちらの作品。

「少女と囚人のジレンマ」
制作者:ステッパーズ・ストップ

↑画像クリックで制作者HPへ 
作品DLは、上記サイトの「自作ゲーム」をクリックし、探してみてください

今までノベルゲームを中心にレビューしてきましたが、
こちらの作品はノベルゲームとは言い難いですね。
「なかよしゲーム」という作者さんの紹介が一番しっくりくるでしょうかw


一応読み進む要素中心ではあるんですが、それ以上に運の要素が大きいですよね。
どんなゲームなのか説明しなくて良いんですか?


あー 説明まだでしたね。
「少女と囚人のジレンマ」というタイトルのこの作品なんですが、
皆様は「囚人のジレンマ」という言葉をご存知でしょうか。
ご存じない方はググってみると分かると思いますが、

「互いに協調する方が裏切り合うよりもよい結果になることが分かっていても、
皆が自身の利益を優先している状況下では、互いに裏切りあってしまう」

という状況のことを指しています。
・・・って、なんだかよくわからないと思うので例を挙げると、

2人の囚人がいて、
・もし2人とも黙秘した場合、2人とも懲役2年
・もし2人のうちどちらかが自白しもう一方が黙秘した場合、
自白した方は無罪、黙秘した方は懲役10年
・もし2人とも自白した場合、2人とも懲役5年
という条件が提示されたとします。

できるだけ刑の負担を軽くしたいなら、2人とも黙秘して2人とも懲役2年が良いはずです。
しかし、もう一人の囚人が裏切って自白するかもしれないわけで。
そう考えると、自分ではないもう一人の囚人がもし黙秘した場合、
自分も黙秘すれば自分は懲役2年、自分が自白すれば自分は無罪となり、
自白したほうが得だということになります。
もう一人の囚人が自白した場合、
自分も自白すれば自分は懲役5年、自分が黙秘すれば自分は懲役10年となり、
やはり自白したほうが得だということになります。

よって、相手が黙秘するか自白するかに関わらず
自分は自白をした方が得だということになるのです。
その結果、2人とも黙秘をすれば、2人とも懲役2年で済んだはずだったのにも関わらず
2人とも自分の得を考えて自白をしてしまうため、2人とも懲役5年ということになってしまうのです。

長くなりましたが、以上が「囚人のジレンマ」と呼ばれるものです。


ウィキペディアの説明そのまんまですね^^;

はいw 
ウィキペディアにはもっと噛み砕いた説明があるので分からなかったらそちらを参照くださいw

この作品は、この「囚人のジレンマ」をゲームにした感じです。
少女リップを相手に、「黙秘」「自白」を「好き」「嫌い」に置き換えた「なかよしゲーム」を10回行い、
自分の「トク」を増やす、という流れになります。


リップが毎回どちらを選択するかは完全に運なんですよね。
ハッピーエンド?を見るためには自分のトクをかなり多く増やさなければならないようで、
相当な数の再プレイを要求されるゲームでしたよね;


そうですねーw
でも、10年以上前に発表された作品のようで、画面は小さいし音楽もなし、
システム面も洗練されているとは言い難いのですが、
それでも作品を通して訴えかけるものがはっきりしているというのは評価できます。


単に「囚人のジレンマ」という状況をなぞるだけにとどまらず、
少女リップの言動を通じて人間の本質や裏側について描き出そうとしていましたよね。
表面的に見ればなんということはないのかもしれませんが、
文章をしっかりと追っていくと、深いものが込められているのがわかると思います。


なんということはない、という話がありましたけど、システム的には単なる運ゲーですので、
ハッピーエンドを見るための作業プレイ感というのは否めません。
ですが、1プレイは非常にお手軽ですし、windows95でも動作可能というのもすごいです。

この作者さんは様々なジャンルの作品を数多く発表しているみたいなので、
面白そうなものがあれば、また手を出していきたいと思います。
・・・RPGとかは苦手なんですけどね;;

と言うわけで、半分以上が「囚人のジレンマ」の説明になってしまった上、
いろいろと無理矢理感のある記事になってしまいましたが、
なんとかフリーゲームレビューを1本ねじ込むことができましたw

今回はこのあたりで。お付き合いありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。