FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「ひとかた」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

またちょっと間が空いてしまいました。
本日は伝奇サウンドノベルの金字塔と言われる大作をレビューしましょう。

「ひとかた」
制作者:お竜


↑画像クリックで作品HPへ

7月から「夏ノベル」を中心にレビューしてきましたが、今回はその総括と言ってもいいかも。


名作として有名だそうですね。携帯アプリ版もリリースされているとか。

初版の制作は10年以上も前なんですが、
モバイル移植されるなど未だに高い評価を得ている作品なんです。
私もずいぶん前にDLしたんですが、長編であることもあって手つかずだったんですよね。
ようやく機会を得て、読了することができました。


この夏のうちにプレイ完了出来て良かったですね^^;

この機会を逃すとまた一年積むことになりそうでしたw

さて、とりあえずあらすじと登場人物に軽く触れましょう。

主人公の南護は遠い親戚である女性から土地に根付く妖怪「牛鬼」を討ってほしいと依頼され、
東京近郊の田舎町「打追町」へと招かれます。
そこで護は居候先の宿の娘や、郷土資料館館長代理の少女、
そして怒りっぽいクラスメイトですが物語の鍵を握る少女らのヒロインに出会い、交流していきます。
季節は7月。「牛鬼」が復活するとされる「牛除け祭」は間近。
果たして護は使命を果たすことができるのでしょうか。

・・・核心に迫る部分を除くとこんな感じです。

主な登場人物は、護の宿泊する宿の娘で、可愛い妹キャラの黒部蘭。
郷土資料館館長代理の少女で、つかみどころのないキャラの南智恵。
クラスメイトの怒りっぽい少女で、物語全体の鍵を握るキャラの菅野美咲。
以上のヒロインに加え、
遠い親戚の女性で牛鬼討伐の依頼主である南依絵など何名かサブキャラが登場します。

この作品の最大の魅力は、そのしっかりと構成されたシナリオです。
物語中の謎がだんだんと明らかになっていく、その過程が鮮やかだと思いました。


謎解き要素もですけど、主人公の成長が感じられるのが良いですよね。

そうなんです。この作品、言ってしまえば「ループもの」に当たります。
同じ日にちを何回も繰り返す様は「STEINS;GATE」に通ずるものがありますし、
繰り返す日々の中での成長は、まさに「リトルバスターズ!」を彷彿とさせます。


この作品の方が初出が先ですから、いかにこの作品の与えた影響が大きいかわかりますね。

いや、「ループもの」自体は作品の型の一つとして確立されたものでしょうから、
必ずしも「ひとかた」の影響を受けて他の後発の作品が作られたとは言えないかとw
でも、ループを扱う作品としての完成度には目を見張るものがありますね。

その完成度とは、ループ中で描かれる牛鬼と打追町の深い関係や、登場人物たちの人間模様。
揺れ動く気持ちと確かなメッセージ性。
そしてそれらが組み合わさりながら収束へと向かう物語全体でしょう。
心情描写というより、壮大な物語の設定の部分が際立つ感じです。


なんていうんでしょう、物語に引き込まれますよね。

序盤はやや物語に入っていくのが難しく感じましたが、一度入り込むと続きが気になります。
かなりの長編だったと思うんですが、飽きずに読み切ることができました。


音楽が寄与する部分も多かったように思いました。
良いBGMが多くて聴き惚れてしまいましたよ♪


そうなんです。音楽はオリジナルでどれも非常に高品質でした。
個人的に気に入ったのは「平穏」「美咲のテーマ」あたり。
私はいつもしっとり系のBGMを好む傾向にあるんですが、
「美咲のテーマ」はアップテンポの曲であるにもかかわらず心に残りました。
物語における立ち位置や境遇も相まって、美咲はお気に入りキャラ第1位ですw


エンディングのボーカル付き主題歌も、何とも言えない雰囲気を醸し出していましたね。

一方、あまり気になった点はないんですが、強いて言えばヒロイン間のバランスでしょうか。
シナリオの展開上仕方ない面はあるんですが、
後半になるとほぼ忘れ去られてしまうヒロインがいるのはちょっと残念かもしれません。
ルート分岐を用意して、各ヒロインのエンドがあっても良かったでしょう。
ちょうど「STEINS;GATE」のような途中下車方式なら可能なんじゃないかと思います。


わたしが気になったのは、主人公の下ネt・・・会話くらいでしょうかね・・・?;

えーw 割と好きですけどね。ああいうやり取り。
確かにくだらないと思うこともないわけではないですけど、概ね楽しんで読むことができました。


そんなけんのすけさんに失望した!

ちょw なんぞw

プレイ時間はおよそ10時間。選択肢はありますが、ルート分岐は無いと思います。
音楽はオリジナル。高品質なので聴いてみる価値ありです。
CGは背景のみで、立ち絵はありません。
これはこれで良いのですが、文章の方の描写が細かいというわけではないので、
個人的には立ち絵があればより見栄えが良くなるかもしれないと思いました。


スマホアプリ版では立ち絵ありみたいですね。
先日取り上げた「乙女心と夏の空」もそうですけど、アニメとかドラマにしても良さそうな作品でしたよね。


そうそう。こういう作品はありでしょうね。
どうしても長編作品だと、「読むのが大変」というのがネックになると思うので、
見るだけの映像なら敬遠しがちな方でもとっつきやすそうです。


というわけで「ひとかた」のご紹介でした。
いろいろ書きましたが、シナリオなどは下手な商業作品なんかよりよっぽど良いです。
音楽もまた然り。もっと早くプレイしていれば良かったと思える作品でした。
「ループもの」が好きな方、主人公の成長を感じたい方、切ない気持ちを味わいたい方・・・
色々な方に自信を持ってお勧めできます。ぜひ読んでみてください。

そろそろ8月も終わりですね。
お盆前後で大きく失速してしまいましたが、概ねレビューしたい「夏ノベル」は書き終わったと思います。
今後は「秋ノベル」に移っていくでしょうw

ではでは、今日はこのあたりで。また次の記事でお会いしましょう。
お付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。