FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「拾われた夏のエデン」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

この週末は台風が接近するとか。暑くなったり大雨になったり、大変です;


西日本の方では今週豪雨で被害が出たようですね; 週末もお気を付けください><

さて、今日もレビューをしていきましょう。コメントで「休んでもええんですよ・・・」と言われた気がしましたが、もはや記事を書くのが自分の中の一部になっている気がして・・・w

気を取り直して。今回ご紹介するのはこちらの作品です。

「拾われた夏のエデン」
制作者:LR


↑画像クリックで作品HPへ


この作品も変わった作品でしたね。

そうですね。雨の中店先で飲んだくれていた主人公(おっさん)が少女に拾われ、どういうわけか廃墟に連れてこられ猫として飼われる・・・という出だしで始まります。こうして言葉にすると突飛に感じますが、環境はやや独特であるものの、物語は主人公と少女のやり取りでゆったりと進んでいきます。


主人公も少女も、ほとんど情報が明かされないのですが、それがまた「どんな結末になるんだろう」という想像をかきたてますよね。

そうなんです。こういうストーリーならば物語になかなか入っていけない恐れが出てきそうなんですが、全然そんな感じがしませんでした。

というのも、文章が非常に洗練されているのです。まるで小説を読んでいるかのような感覚でした。かと言って硬すぎもせず、ところどころラノベ風の砕けた表現も入ります。そのあたりの加減が上手で、負担なく読み進めることができましたね。


その文章の巧みさが、作品の主題にマッチしていた感じがしましたよね。

そうなんです。この作品はどういう作品かというと、他者とのかかわりとか、人生とか、過去と現在と未来とか、そういう哲学的な考察を扱う作品なんですよね。ちょうど以前レビューした、「ナルキッソス」のような感じでしょうか。プレイヤーに問題提起をして、考えさせる要素がありますね。

それが、明かされない人物設定と相まって上手く表現されています。「ゆったりしているのに緊迫している」「ポップな軽いノリなのに真面目で哲学的」という感じも同様です。それらが、これまた絶妙な登場人物の台詞、あるいはト書きでバシッとまとめられているんですよね。ある種「名言」的な言い回しが随所に登場していた印象があります。


「天秤」に関するものですとか、「サンドバック」に関するものは印象的でしたね。でも、文章自体は丁寧な描写などもあってわかりやすいんですが、扱っている内容がやや難しい感じでしょうか。

まあ、そう言えるでしょうか。でも、その難しい感じ・明確でない漠然とした感じが、「ラストでどういう結末になるんだろう」というわくわく感を生み出していました。

だからこそ、最後の最後で明かされた設定に少しがっかりしてしまうのです。ネタバレなので触れませんが、あれでいいのでしょうか・・・ 百歩譲って主人公は良しとしましょう。ですが少女の設定には拍子抜け感が否めません。もっと別な、納得出来得る設定があったのではないでしょうかね。それが最終盤の盛り上がりに水を差す結果になってしまっていました。


うーん、おっしゃることはわからないでもないんですが、そこまで酷評するものでもないのでは・・・; こういった主題を扱うにあたり、仕方のない設定だったのだと思いますし; 例の設定についてもう少し、根拠というか、前半部分でそういうのを思わせる描写があれば良かったのかもしれませんね。

設定についてはやや残念だったものの、本編終了後に開放される後日談で、そういったネガティブ要素を挽回していると言えるでしょう。しっとりと、じんわりと来る終わり方になっています。


なんか、「しっとり、じんわり」って言えばいいと思ってませんか?;レビューでいつも使っている表現のような;

だって「しっとり、じんわり」って感じなんだものw 深い感動っていう感じじゃないんですけど、「ああ。こうなったんだなぁ」としみじみするんですよ。この感覚は、やはりプレイしてお確かめいただきたいと思います。

プレイ時間は1時間半から2時間程度でしょうか。選択肢はありません。CGは背景のみで立ち絵はなし。ですが、こういった想像や考察を促すタイプの作品は、かえってシンプルな方がいいのかもしれませんね。BGMは素材からの選曲ですが、場面場面の使い分けが上手で物語を引き立てています。この作者さんは複数作品を発表しているようなので、折を見て他にも触れてみたいですね。

少し難しい要素を含む作品ですが、そういう作品に抵抗のない方なら満足できるでしょう。タイトルにあるように梅雨明けから晩夏にかけての物語です。興味を持たれましたらぜひプレイしてみてください。

ではでは、今日はこのあたりで。また次の記事でお会いしましょう。
お付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。