FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう時こそ読書ネタ

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

商業ゲーが遅々として進まず、フリーゲーも読了まで至っていない、困った!
というわけで、こんな時は読書ネタで乗り切りましょう。


そういえば、「あんさんぶるガールズ!」でも最近新しい本が出たとか。

そうなんですよね。


あんさんぶるガールズ! ヒロインズセレクション 星海こよい編 (オーバーラップ文庫)あんさんぶるガールズ! ヒロインズセレクション 星海こよい編 (オーバーラップ文庫)
(2014/11/25)
日日日

商品詳細を見る


第1回総選挙で1位に輝いた「星海こよい」にスポットを当てた文庫だそうで。
あんガルプレイヤーとしては読みたいところなんですが、まだなんですよね;
機会があればぜひ触れたいところです。

さて、今日はあんガル関連本ではなく、今まで読んだ小説を中心にご紹介できたらと。
まずはこちら。


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



伊坂さんのデビュー作のようですね。

はい。友人に勧められて読んだんですが、なかなかよくできた作品でした。
読んだのはだいぶ昔なんですが、まだ印象に残っています。
あらすじはウィキペディアからこちら
未来を予知できる喋る案山子が登場するということでファンタジーっぽい感じではあるんですが、
文章がしっかりしていて人物の心情描写も丁寧なので、どんな方でも楽しめるのではないかと。

突出しているのが伏線の回収です。
上記あらすじにある通り、「優午はなぜ死んだのか」というのが全体を通しての謎ではあるんですが、
他にも登場人物各人に謎がちりばめられており、それらが終盤にかけて明かされる感じになります。
その明かされ方が鮮やかで目を見張るものがあります。
まあ、感想では伝わらない部分が大きいですので、実際にお読みいただければと。

伊坂さんはこの作品以外はあまり読んでいないんですが、
この作品に登場した人物が伊坂さんの他の作品にも登場する、
みたいなことがあるみたいです。辻村深月さんと同様ですね。
その点でもオーデュボンはデビュー作ですので、
伊坂作品を読み始めるにあたって適しているのではないかなと思います。
これと言った癖もなく読みやすいのでお勧めできますよ。


続いてこちら。


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る



これも結構有名な作品でしょうか。

そうですね。売上1位?になったこともある小説だそうで。
こちらも読んでからだいぶ経つんですが、衝撃を受けた記憶があります。
あらすじは、ウィキペディアにあるやつだと詳しすぎてネタバレになってしまうので、
第1章だけ抜粋してこちらに転載します。

市立S中学校、1年B組。3学期の終業式の日、担任・森口悠子は生徒たちに、間もなく自分が教師を辞めることを告げる。原因は“あのこと”かと生徒から質問が飛ぶ。数カ月前、学校のプールで彼女の一人娘が死んだのだ。森口は、娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだと、犯人である少年「A」と「B」を(匿名ではあるがクラスメイトには分かるように)告発し、警察に言うつもりはないが、彼らには既に恐ろしい復讐を仕掛けたと宣告して去っていく。

このあらすじだけでも衝撃的ですね。
でも、第2章以降はもっと衝撃的。
とにかくインパクトがある作品だったんですが、
各登場人物間の立場や感情が真に迫っているのがリアリティを生み出していました。
まあ、出来事自体はフィクション感がなくもないわけですけども。

この作品で個人的に注目したいのは、悪役とされる人物。
言うまでもなく悪役らしく描かれていて大部分の方は嫌悪感を抱くと思うのですが、
自分としては「盗人にも三分の理」ではないですが、気持ちがわからなくもないんですよね。
というか、こういった悪役を通じて、もっと大きなテーマを伝えたいのだと思います。
なのでもしお読みになる際には、「こいつけしからん奴だ」と思うにとどまらず、
「こいつを通じて作者は何を伝えたかったのだろう」というところまで考えられるといいのかなと。
・・・そんなことは、どんな小説でも多かれ少なかれあるものではあるんですけどね。


最後にこちら。


虹色ほたる―永遠の夏休み虹色ほたる―永遠の夏休み
(2012/03)
川口 雅幸

商品詳細を見る


上の2作品に比べると児童書的な要素が強い物語。
でも、大人こそ読むべきなんじゃないかとも思える作品でした。
あらすじはウィキペディアからこちら


アニメ映画化もされたそうで、意外と知名度はあるのでしょうかね。

そのようですね。私は知らなかったんですが;
でも、確かにアニメ化すれば面白そうな作品ではありましたね。

内容は結構シンプルで、結末もありふれていると言えるでしょう。
しかし、ストーリーだけでは語れないものがこの作品には含まれていると思います。

それが感動の要素でしょう。とにかくラストが綺麗でうるっと来てしまいます。
結末に至る途中にも随所に教訓めいた場面が登場し、考えさせられます。
その長所に花を添えるのが、郷愁あふれる雰囲気です。
こういうの好きなんですよね。切ない感じで。

ズバリ言うと、「Key作品」っぽいんですよ。
季節は夏ですが「Kanon」なんかに割と近い感じです。「AIR」も混じってるかな。
なので、鍵っ子の皆様にはお勧め。そうじゃない方でも、
感動をお求めの方なら読んで損はないはずです。


と言うわけで、今日は読書ネタで無理やり記事をw


なんかけんのすけさんばかり喋ってて、わたしの出番が少なかったような;;

・・・いや、気のせいでしょう(震え声)


えー;

そういえば、ツイッターの方、もはや一言日記のようになっている感がありますが、
あんガル関係の方を中心に見てくださってる方もいらっしゃるようで、
ありがたい限りですね。
フォローしていただいた方にはこちらからもフォローさせていただきます。

当面は1日1回はツイートすることを目標にしようかなと。
ミニブログみたいな、一日のまとめみたいな感じかもしれませんけど。
140字にまとめるのが意外に大変だったりするのは内緒w


複数ツイートに分ければいいじゃないですか^^;

まあ、そうなんですけどねw
そんなこんなで、ツイッターは引き続き運用していきますので、
よろしくお願いしますm(__)m

ではでは、今日はこのあたりで。次の記事は、おそらくフリー作品のレビューになると思います。
本日もお付き合いありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト

最近読んだ本など

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

いやー、ご無沙汰です。
先日は美波さんに間を埋めてもらっちゃいましたね。
ナイスフォロー助かりましたよーw


このブログのアシスタントとして、当然のことです(エッヘン)

おおうw 頼もしい限りですねw

さてさて、美波さんの記事にあった「秋ゲー」ですけど、先日読了いたしました。
中旬は間に合わなかったんですが、今日か明日には何とか記事にできそうです。
まあ、1本だけで2本目はまだまだなんですが;

そのしわ寄せで今月は一本もフリー作品のレビューが出来ない大ピンチw
短編の作品とかなら書けないことはないので出来たら書きたいんですが、
余裕がなかったら今月はお休みってことになるかもですね。寂しいですけど;


今年3月から、毎月数本以上は記事にしてきてましたからねー;;
まあ、その分時間のある時に更新頻度を高めれば^^


そうですねw

さて、今日はずいぶんと久々ですけど最近読んだ本について書こうかなと思います。
外出先で急に時間ができてしまった時なんかに、よく本屋や図書館で時間をつぶすんですよね。


外出先で時間ができるっていうのがよくわからないですが・・・^^;

まあ、そのあたりのツッコミはなしでw
で、本来ならラノベとかに挑戦してみたいところなんですが、
本屋に置いてあるのは立ち読みできないし、図書館にはほとんど置いてない!
ということで、一般書しか読んでないのです。

まずはこちら。


さよなら妖精 (創元推理文庫)さよなら妖精 (創元推理文庫)
(2006/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る



読書についてこのブログで記事にするのは1年ぶり以上なんですが、その1年前はと言うと、
米澤穂信さんの「古典部シリーズ」について書いた覚えがあります。


こちらの記事ですね。
http://kenosuke636aisp.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

懐かしいw

そこでもさらっと触れたんですが、最近もう一回読み直したんですよね。
そうすると、初読?の時とはまた違った印象になります。

「さよなら妖精」の舞台は、1990年代初頭の地方都市。
高校生の主人公とその友人の元に、突然異国の少女がやって来るところから始まります。
・・・あらすじを書こうと思ったんですが、ウィキペディアに立派にまとまったものがあるので引用w
「さよなら妖精」あらすじ

↑「あらすじ」は読んでも差し支えないですが、「結末」は未読の方は読まない方が良いかも。

1年前に「古典部シリーズ」と似ている、と評した作品なんですが、
なぜ似ているのかと言うと「日常の謎」的な要素があるからなんです。
全体としてみれば日常とは言い難いんですが、少女と主人公たちの交流の中で
ちょっとしたなぞなぞのような、軽いトリックが散りばめられているんです。
その様子が、「古典部シリーズ」っぽいんですよね。


思わず「なるほど!」と唸ってしまうような、練られた謎揃いでしたよね。

ええ。読みながら謎について考え、明かされる答えで納得する・・・
そういった流れを楽しめる方にぴったりです。

ただ、ハッピーエンドではない(ネタバレ防止のため白文字反転)ので、
その点は賛否が分かれるかもしれません。古典部シリーズとも異なる点ですね。


その他、こちらも読み直しました。


ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
(2009/09/29)
米澤 穂信

商品詳細を見る


「ボトルネック」は雰囲気がガラッと変わってSFです。
福井県の東尋坊から誤って転落した主人公は、気が付くと金沢市の自宅近くにおり、
とりあえず帰宅しようと自宅に向かうと、そこには存在しないはずの自分の姉がいて・・・
という感じ。要は、パラレルワールドということですね。



1年前の評価では、「鏡音リンの『炉心融解』のような絶望的な話」ということでしたけど、
再読してみていかがでしたか?


もし自分が生まれず、代わりに姉が生まれていたら、という世界に迷い込む主人公。
自分が生きていた世界と迷い込んだ世界を比較し、そのギャップに戸惑う姿が印象的です。
「自分さえ生まれていなければ、こんなに素晴らしい世界になっていたのか」
というのがこの作品の全体的な流れなので、やっぱり絶望的なのは変わりません。

なので、表面的に見れば、やっぱり全体としての評価や印象は変わらないんですけど、
その裏に隠されたメッセージに気付くか否かで色々な受け止め方ができそうに感じました。
んー 表現が難しいですね; 鬱っぽい展開に抵抗がなければ、読んでみるのが手っ取り早いでしょう。


なんと投げやりな・・・^^;

上に挙げた2作品とも、細部にわたって張られた伏線やトリックが素晴らしいです。
文章自体も固すぎて読みにくいということはないので、機会があれば触れてみてください。


米澤穂信さん以外の本も読んでいるんですよね?

はい。例えばこんなのとか。


冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る



冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


辻村深月さんの作品。聞いたことある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


結構話題になってますよね。その辻村深月さんのデビュー作がこちらですね。

そうなんです。上下巻に分かれていて、しかも分厚いのでかなりの長編と言えます。
ですので読破に骨は折れますが、内容が充実していて読み応えがあります。

どんなお話かというと、一言で言えば高校を舞台にしたクローズドサークルものでしょうか。
ウィキペディアのあらすじが簡潔にまとまっているので転載しちゃいましょう(横着)
「冷たい校舎の時は止まる」あらすじ


登場人物が多いんですが、各人がそれぞれ問題を抱えていて、
その一つ一つがまた非常に繊細で、深く考えさせるものになっているんですよね。
それが読み応えとボリュームにつながっていたと思います。
少しぞっとするような章もあるので、ちょっと怖いかもしれませんけど;


全体的にぞっとする感じだと思いますけど・・・;;
ともかく、ミステリーとホラーの要素がありますね。


あらすじにもあった「自殺したクラスメイトが誰なのか」というのが全編通しての謎なんですが、
それはもちろんのこと、その他にも終盤にかけてあっと驚く展開が目白押し。
あの怒涛の種明かしはすごいの一言ですね。
しっかり読んでも、きっとミスリードにはまってしまうでしょう。


終盤に種明かしが待っている作品ってノベルゲームでもありますけど、
この小説もまさにそんな感じでしょうか?


小説なので選択肢とかはもちろんないですが、
作品の性質上、各登場人物にスポットが当たる仕組みになっているので、
まるでアドベンチャー形式のゲームをしているかのような・・・
と言うと大げさかもしれないですが、各人の心情をじっくり味わうことができます。

・・・まあ、百聞は一見に如かずとも言いますし、やっぱり読んでみるのが手っ取り早いでしょうかw


「二分冊の長編なんて読んでられっか!」って方には、こんなのもあります。


ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)
(2012/08/27)
辻村 深月

商品詳細を見る




ふちなしのかがみ (角川文庫)ふちなしのかがみ (角川文庫)
(2012/06/22)
辻村 深月

商品詳細を見る



「ツナグ」は、死生観をテーマにした作品。長さは中編といったところでしょうか。
知らなかったんですが映画化もされたみたいですね。
死者と一度だけ再会することができるという、やっぱりSFっぽい作品なんですが、
各登場人物間のつながりや揺れる心情が、深い感動を掻き立てます。

「ふちなしのかがみ」は短編集。
怪談話やちょっと不思議な話をまとめたもので、こちらも少し怖い内容を含みますが、
各話を読み終えた後には何とも言えないものが残ります。
個人的には「八月の天変地異」という章が一番気に入りました。


「切ない系」でしたね。いかにもけんのすけさんが好きそうな・・・^^;

ですw
一話一話は短めで読み終えるのも楽だと思いますので、
手っ取り早さならこちらでしょうか。
感動をお求めなら「ツナグ」が良いかも。


他にも話題の作家で読んだものはあるんですが、今日はこのあたりにしておきましょうか。
久々の更新、そして久々に読書の記事をお送りしました。
この記事から巻き返しを図る・・・かどうかは分かりませんが、
また次の記事でお会いしましょう!
本日もお付き合いありがとうございました!

古典部シリーズ

こんばんは。けんのすけです。

昨日から今日にかけてすごい風雨でした。ベランダからいろいろなものが飛ばされたw

さて、今日は本の紹介第二弾です。米澤穂信さんの「古典部シリーズ」を紹介しますよ。

氷菓 (角川文庫)氷菓 (角川文庫)
(2001/10/31)
米澤 穂信

商品詳細を見る




アニメ化もされた作品なので御存じの方も多いかもしれませんね。(私は見ていないのですけど;)
ブロともさんにも以前紹介していた方がいたような・・・w

学園の「古典部」を舞台に、主人公の折木奉太郎とヒロイン千反田えるを中心に進んでいく物語。いろいろな「謎」に対し、「省エネ」をモットーとする奉太郎が鮮やかに推理して解決していきます。その推理や解決の仕方がまた、最短距離というか、省エネという感じで、読んでいてすっきりするんですよね。

いろいろ内容を書くとネタバレでしょうからやめますが、自分としては既刊5巻のうち、3巻目の「クドリャフカの順番」が一番好きですね。文化祭が舞台の巻です。スピード感ある展開が楽しめると思います。でもまあ、とりあえず1巻目から読むのがいいでしょうけどw


米澤さんは古典部シリーズももちろんお薦めなんですけど、私はそれ以外の作品もちょっと読んだことあります。挙げてみると、

・さよなら妖精
・インシテミル
・ボトルネック

くらいでしょうかね。古典部シリーズに一番近いのは「さよなら妖精」でしょうか。「インシテミル」はクローズドサークル系の殺人事件ですし(「シークレットゲーム」というPCゲームに似ています)、「ボトルネック」は、(極端な見方をすれば)鏡音リンが歌っている「炉心融解」の歌詞みたいな絶望的な話です。

でも、どれも謎解きが絡んできますからその点は共通していますけどね。

なんかグダグダになってしまったのでこのあたりで;
では、またです。

浜村渚と本の怪談

皆様こんばんは。けんのすけです。

ここ数日は暴風雨と雷がものすごいですね。竜巻被害のあった地域もあるとか。厳しい暑さが収まって涼しくなるのはいいんですけど、怖いですね。

さて、1年以上ブログお休みしてたんですが、その間ゲームばかりというわけでもなくて、読書もそこそこしてました。(まあ、ジャンルは偏ってますが;)それで、読んだ本の中でお薦めしたいものがありましたので、今日はそれを紹介したいと思います。

まずは、「浜村渚の計算ノート」シリーズです。

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)浜村渚の計算ノート (講談社文庫)
(2011/06/15)
青柳 碧人

商品詳細を見る



数学を題材にしたミステリー作品です。既刊は5巻出ています。
設定は突飛なんですが、渚をはじめとする登場人物たちがよくキャラクター付けされていて、違和感無く読んでいくことができますね。何より、一般的に取っ掛かりにくいと思われる数学が、分かりやすく形を変えて物語に登場している点が素晴らしいです。なるほどなるほどと、読んでいくうちに引き込まれますね。



次に、「本の怪談」シリーズです。

ついてくる怪談 黒い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)ついてくる怪談 黒い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)
(2010/07/08)
緑川聖司

商品詳細を見る



こちらは小説というか、児童書に分類されると思うんですが、侮るなかれ、なかなかいいですよ。
怪談っていうのは、いかに読者に「怖い」と感じさせるかだと思うんですが、その怖いと思わせるための工夫がされています。具体的に書くとネタバレですが、一度読んでみればどんな工夫かはわかるかと思います。児童書だけあって、文字が大きくて読みやすいです。1冊1,2時間あれば普通に読み終えることができる手軽さもいいですね。
全部で10巻出ていますが、すべての巻が厳密に関連しているというわけではないです。今年3月の10巻目で完結ということになっています。
また、このシリーズは挿絵が非常に綺麗です。というか、表紙の絵が綺麗だったので読み始めたっていうのもありますので・・・w




とりあえず今回はこの2つのシリーズにしておきます。一応ある程度話題になっている作品ですので、書店に行けば見つかるかと。立ち読みお薦めです。(本の怪談シリーズは児童書なので、ちょっと抵抗あるかもですがw)

また折を見て本の紹介していこうと思います。それではまたー。
         
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。