FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「げっと☆おん」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

さて、ようやく読み終えましたのでレビューをお送りします。
本日取り上げますのは、あの名作「しぇいむ☆おん」の流れをくむこの作品です。

「げっと☆おん」
制作者:げっと☆おん制作プロジェクト


↑画像クリックで作品HPへ

読み始めてから時間がかかってしまいましたが、ようやく全ルート読了しました。
もう少し早くご紹介できれば良かったんですけどね。


とりあえず、概要から入りますか?

そうですね。以下、作品HPから引用。


春。桜が咲こうとしている、東京。
さえないごく普通の大学生であるこの俺、福原隼人は
喫茶店《しぇいむ☆おん》へバイトの面接に立ち寄るが、
そこで出会ったある女の子に流されるまま喫茶店《月と音》のオープニングスタッフにされてしまう。

俺は新たな環境にとまどいつつも、
《月と音》を通じて出会った女の子たちとの交流を経て大切なものを見つけていく。

ちょっと和風でツンデレな喫茶《月と音》を中心に繰り広げられる、月と夢のストーリー。
新しいVIP制作ツンデレ型恋愛ADVゲーム《げっと☆おん》開店中ですっ!


以上、作品HPから引用。


前作「しぇいむ☆おん」の完成が2006年。
そして、その続編と位置付けられる本作品。
様々な方の尽力により公開されたのは2015年の8月でした。




という、当時の宣伝に対してけんのすけは、




とツイートしたものの、実際に読了したのはその1年半後と言う……


^^;
とにかくボリューム感たっぷりの作品だったわけですが、
特徴はどのようなところにあったんでしょう?


そうですね。
まずは、美波さんの言う通り、豊富な内容だったことがあげられるでしょう。
メインヒロインの5ルートに加え、サブとなるルートもいくつか。
そして読了後には外伝シナリオやおまけモードも。
前作「しぇいむ☆おん」もかなりのボリュームがあったと記憶していますが、
今作はもっと盛りだくさんかもしれませんね。


ボリュームだけでなく、品質も上々だったのではないでしょうか。

はい。シナリオ面では、多少のばらつきはあるかもしれませんが、
各ルート概ねしっかりと作られています。
個人的にお気に入りなのは、凛ルート。
しぇいむ☆おんでの可奈ルートを彷彿とさせる流れで、ラストも綺麗。
安心して読むことができました。


安心という点なら、メインルートと思われる雅ルートも良かったかと思います。
あと、最後に各ルートを繋いでいる外伝シナリオがあるのも、綺麗な終わり方に一役買っていたかと♪


シナリオ以外の面に目を向けても、グラフィックは高品質でしたし、
オリジナルの音楽は、随所で良い働きを見せていました。
そして特筆に値するのは、メインヒロインにボイスがついていることです。


このボイス付きというのが、しぇいむ☆おんとの大きな違いでしょうかね。

そうですね。この作品の見逃せない特徴の一つです。
商業作品のボイスには及ばないかもしれませんが、
フリーの、しかも長い作品ですから、素直に評価できるでしょう。


他にも、細かな工夫のようなものは端々に見られましたよね。

はい。個人的に面白いと思ったのは、とある登場人物が作品に対してメタっぽい発言をするところ。
しぇいむ☆おんは勿論のこと、「僕と君の夏休み」等、
既発表の2ch発祥の作品に絡むネタも随所に登場していました。


その点では、そういった作品をプレイ済みだともっと楽しめそうですね。

そうですね。
こういう、読者を「クスッ」と笑わせるような工夫は素晴らしいと思います。

逆に、いいところの裏返しになりますが、しぇいむ☆おんを未プレイだと、
ちょっとついていけないこともあるかもしれません。


登場人物が非常に多かったですもんね。

メインヒロイン5名に加え、しぇいむ☆おんのヒロイン5名で既に10名。
そして脇を固めるサブキャラの数も非常に豊富でした。
プレイを進めるうちに慣れてくるとは思いますが、序盤は戸惑うかも。

あと、やはり2ch発祥の作品ですので、その手のネタが数多く登場します。
私はそちらの方面にあまり詳しくないので、分からないものも多かったような……。
もちろん意味が分かって楽しめる部分もあったんですが、
そのあたりは万人向けではないかもしれません。


全年齢対象作品という位置づけですけど、
一部際どい表現もあったような気がします><


そうですね。R15くらいを目安にするとよろしいかもしれませんw

あと、一つ指摘をするなら、専門的な内容が多めということでしょうか。
複数のルートでヒロインの性質上、音楽に関する専門的な内容が含まれます。
部活等で触れたことのある方ならきっと楽しめると思いますが、
私含め、門外漢ですと少しついていけないかも……
まあ、あまり気にしなければ大丈夫です。


というわけで、「げっと☆おん」のご紹介でした。
全シナリオ読破には、おそらく7~8時間以上は必要かと思いますが、
綺麗なグラフィックに、高品質で豊富な音楽、そしてボイス付きという豪華さを誇る作品です。
気になった方はぜひ、お手に取ってみてください。
なんにせよ、多くの有志が携わった魂の作品であることは断言できます。
そういう点で貴重な、稀有な作品であることは間違いありません。

ではでは、今日はこのあたりで。
なかなか更新頻度が上がらずもどかしいですが、
商業作品のほうも完遂済みのものが増えてきましたので、
次回あたりからは、商業作品のレビューも再開したいところです。
(あくまで、予定、ですがw)
さておき、本日もお付き合い頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
スポンサーサイト

レビュー「八滝城天狗草子」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

なかなか更新頻度が上がらず、苦慮しております今日この頃です。


ツイッターでは近日中に更新予定とつぶやいたのに……^^;

ええ。あの投稿からいつの間にか一週間以上……
本当は長編の作品を読み終えて記事にする予定だったんですが、
読む力が落ちているのか、はたまた別の理由があるのか、
さっぱり読み終わらずですね……
おそらく次の記事ではご紹介できるものと信じています。

気を取り直して、本日の作品はこちらです。


「八滝城天狗草子」
制作者:との



↑この場で作品をプレイできます。別の画面でプレイする方はこちら


あの、「のべるちゃん」の作品ですね。

はい。以前にも取り上げました作者さんの作品です。
こちらの「八滝城天狗草子」もお勧めされていたんですが、
取り掛かるのが遅くなってしまいました。


軽くあらすじに参りましょうか。

はい。

時は乱世の戦国。
瀬戸内に面した讃岐国の要所、八滝城には
梓(あずさ)という名の姫が暮らして居た。
或る日、ひょんなことから《天狗の葉団扇》を手に入れた彼女の運命は
血の臭いを孕んだ風によって、大きく変わっていった。


以上、作品HPから引用。


以前ご紹介した「鬼のうた」のような、伝奇ものなのでしょうかね。

はい。装いは以前の2作品にも似たような感があります。
和風の、落ち着いた雰囲気が目を引きます。


では、作品の良いところはどのあたりになるのでしょう。

そうですね。
良いと思えるところも、概ね「鬼のうた」などと共通しているのではないでしょうか。


と、言うと?

この作品の主な登場人物としては、上のあらすじにもあるように主人公の姫に加え、
重要な人物として天狗の青年がいます。


他にも人物は登場しますが、あまり人数は多くなかったですね。

はい。その2人の心情描写が無駄なく簡潔に文章に表れていて、
安心して読み進めることができました。

そして、起承転結の流れも、各々のバランスが配慮されていて、
スムーズに展開していたと思います。


お話の長さ自体は、前2作と変わらず短編の域を出ないんですよね。

そうですね。ですが、話の発端から人物同士の交流、
そして程よいスピード感で物語はクライマックスへ。
ラスト付近ではしっかりと感動させてくれます。


これも同じく前作などと重なる部分ですが、
天狗という、人間とは違うものを題材として、その寓話性を描き出しているのは、
非常に上手な物語の運ばせ方だったのではないでしょうか。


はい。そして、この作品で最も良かったと思うのが、終盤の選択肢の分岐です。

通常のプレイでは、おそらくバッドエンドもしくはノーマルエンドになるかと思います。
それでも十分感動できるし、よくできた結末なのですが、
その後に試行錯誤の末にトゥルーエンドを見ると……
もう鳥肌が立つくらいです。素晴らしいの一言に尽きます。


あのトゥルーは、本当に上手でしたよね。
綺麗で、そして究極の物語の締め方だったと思います。



全て読んでも30~40分程度の短編作品です。
終盤にある選択肢で、3つのエンドに分岐します。
この作品を読むからには、ぜひトゥルーエンドを見て欲しい……!
音楽やグラフィック等は素材と思われますが、特に問題は見られません。
ダウンロードせずにブラウザ上で手軽に楽しむことができるのも利点。
気になった方はぜひお手に取ってみてください。お勧めです!


というわけで、「八滝城天狗草子」のご紹介でした。
4月からは忙しくなることはほぼ確定なので、なんとか3月中にいろいろ進めたいところです……
そうそう、ツイッターでもお知らせはしたんですが、「満天の物語」様と相互リンクさせて頂きました。



読むゲームやアニメのレビューが大変充実しており、
各作品の特色などが、アイコンを使って分かりやすく紹介されていました。
お勧めのサイトなので、よろしければお立ち寄りを♪


ではでは、本日もお付き合い頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!

レビュー「StarDust -星ふる夜のひととき-」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

前回の記事でお知らせしましたように、読む作品のレビューに、
とりあえずは注力していくことにします。


振り返ってみると直近のレビューは去年4月ですから、
10か月も記事がなかったんですね。


そうですね。こういうものは少し間が空くとあっという間に何か月も経ってしまいますので、
出来る限り絶やさないようにしたいものです。
……って、何度も言ってますねw


^^;

さておき、もうすぐ2月14日。バレンタインデーです。
この時期にぴったりの作品を取り上げます。


「StarDust -星ふる夜のひととき-」
制作者:aiGame


↑画像クリックで作品HPへ

このブログでもお馴染み。数多くの作品を生み出しているaiGameさんの作品。
先日宣伝されていましたので、プレイしてみました。


ふりーむ!でも表彰された作品だそうですね。

はい。
「第11回ふりーむ!ゲームコンテスト アイデア部門銅賞受賞作品」ということで、
その点でも期待しながら読み始めました。


この作品の概要はどのような感じでしょうか。

そうですね。概要を言ってしまうとネタバレになりそうなのですが、
とりあえずはバレンタインデーまでの数日が舞台のギャルゲーです。
ストーリー自体は短編であり、起こっている出来事自体は普通で約束通りと言えるでしょう。


しかしそれには、「単純に字面だけを追うならば」という条件が付きます。
この作品の真骨頂は、「ノベルゲーム」という枠組みを最大限に利用した演出にあります。


あの演出は……演出という一言で表現するには余りにも強烈ですけど、
あれはびっくりさせられましたね。


はい。小説でもアニメでも映画でもあの演出は不可能。
さすがふりーむ!のアイデア賞受賞作は伊達ではありません。
こればかりはプレイして、ぜひご自身の目でお確かめ頂ければと。


あの大掛かりな演出以外にも、作中のところどころで現れる立ち絵のアニメーションなども、
良かったのではないでしょうか。


細かい点まで行き届いていましたね。
あと、クリア後に読めるあとがきを読むと、作者さんのこの作品に込めた思いを窺い知ることができます。
こういった、「理由付け」のようなものがあると、作品への印象も違ってきますね。
aiGameさんの作品に共通している、良い点であると思います。


開始してから完全クリアまでは15~30分くらいでしょうか。
グラフィックは可愛らしく、アニメーション演出も◎
重要な場面ではヒロインにボイスも入っています。
音楽なども特に言うことはありません。

使える手はとことん使うという、非常によく作られた仕掛けと、
アニメーションやあとがきといった丁寧な作りが、
プレイ後の余韻を引き出していると言えます。


それでは、このあたりで。
久しぶりのレビューなので、ちょっとぎこちないかもしれないですね。
これまでのブランクを埋めるべく、記事を続けていきたいところです。

お付き合いありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!

レビュー「終電論破」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

週末更新が定着しつつあるこの頃です。
本日も、フリーゲームレビューをお送りいたしましょう。
またしても、何か月か前にクリアはしていたんですがレビューがまだだった作品です。

「終電論破」
制作者:○起人◆dfw03dL7h6 他


↑画像クリックで作品HPへ


なにやら、あの有名な作品に似たタイトルですね?

はい。おそらくなんですが、その作品を意識した内容であると言えます。
軽く概要を。

終電がなくなって帰れない……。
巧みに男を狙う女たち。
だがそんなことはさせない。
女どもを論破し、終電に間に合うことを証明しろ!


以上、作品HPから引用。
このブログでも時折取り上げております、2chの有志企画による作品のようです。
ですが、いつものノベルゲームとはちょっと体裁が違いますね。


作品HPにはノベルゲームではなく、パズルゲームと書いてありますね。

はい。読み進める形式ではありますが、途中に挟まるクイズが作品のかなりの部分を占めますね。
先ほどの概要でもふれた通り、用意された路線図と時刻表を辿って、
目的地まで到達するための乗り継ぎを考えるクイズです。


全部で5つのステージがあって、だんだんと難易度が上がっていくんですが、
最初のステージから既に一筋縄ではいかない感じだったような;


そうですね。さすがに最初のステージは大丈夫かとは思いますが、
2つ目以降は、時刻表の見方とか、観察力とか、そういうものが必要かもです。

実は私は、鉄道とかにはそこそこ興味も知識もあるんですよね。
時刻表の読み方とかも一応わきまえているはずなんですが、
それでも、後半になると試行錯誤の連続だった覚えがあります。


最後のステージは、あれは相当のマニア?の方でないと解けないのではないかと思います^^;

ですよねー。実在しない架空の路線や時刻表が使われているんですが、
それにしても路線や列車の配置に不自然なものが多く、
地方の単線のローカル線ならあり得るのかもしれませんが、
都市部の鉄道が当たり前の私にとっては、先入観もあって難しかったです。
まあ、不自然さというのもクイズを作るにあたってのことでしょうから納得はできますけど。


クイズ以外にも、いろいろと工夫が見られた作品のように思いましたが。

はい。クイズ中心のパズルゲームという位置付けではあるんですが、
私はむしろ、その前後にある登場人物のやり取りや、主人公のモノローグなどが、
とても洗練されていて良いなと感じました。


鉄道を扱っている作品ということを意識してか、
言葉の端々に鉄道に関連する言い回しを当てはめていましたよね。


そうなんですよ。それが本当に巧妙で。
また、全体的にハードボイルド?な主人公が、
客観的に見るとさえない感じなのに、どういうわけかすごく格好よく見えてしまうという。
各ステージにおいてクイズ正解後に現れる痛快なエピローグが、これまた作品を引き立てています。


人物名も、地名や駅名に由来するものが多かったように思います。

そうですね。そのあたりも隙の無さがうかがえました。

総括に移りましょう。
終電を論破するクイズが主体のパズルゲームで、読む部分のみなら全体でも1時間程度でしょうか。
5つあるステージにおいてじっくり考えて解くと、その倍の時間が必要かもしれません。
正解を載せているサイトもありますので、行き詰ったら参考にしてみましょう。
音楽は種類は多くありませんが、作品の雰囲気に合った選曲で
雰囲気を盛り立てていたと思います。
CGや立ち絵は特に言うことはありません。
システム面は、読むのが主体というわけではないので
バックログやセーブロードの機能はないようです。
ちょっと戸惑うかもしれませんが、無ければ無いでそんなに支障はないでしょう。


言い忘れていましたが、この作品にはエピローグの描写を追加した18禁版もあります。
というかむしろ、18禁版の描写を削って全年齢版にしたのでしょうか。よくわかりませんが。
私はどちらもプレイしましたが、主人公のキャラ的に18禁版のほうがしっくりくる感じかもしれません。
全年齢版はなんというか、尻切れトンボ感があってですね……
性描写(一部凌辱を含みますが)に抵抗の無い成人の方なら、18禁版でも問題ないと思います。


というわけで、「終電論破」をご紹介しました。
たまにはじっくり腰を据えて、こういった作品に触れるのもありなのではないでしょうか。
4月ももうまもなく終わりますが、そろそろ商業作品のレビューも再開していきたいところです。
年頭に掲げた目標も、徐々にですが進みつつあるので、
時間を有効活用し、完成を目指していきたいと思います。

それでは、本日もお付き合い頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!

レビュー「ギャルゲリバース」

皆様こんばんはーけんのすけです。


美波です!

仕事の他にもいろいろあってアレなんですが、なんとか更新に漕ぎつけました。
本日もフリーゲームレビューです。
ご紹介するのはこちらの作品。

「ギャルゲリバース」
制作者:aiGame


↑画像クリックで作品HPへ

このブログでもたびたび取り上げております、aiGameさんの作品です。
実は今年の初めくらいにプレイ済みではあったんですが、レビューをしていませんでした;
まずはあらすじを。

「顔はそこそこ!」「運動できない!」「成績も平凡!」「モテない!」
——そんな地味属性の乙女ゲーム攻略対象がギャルゲの主人公になったら。

クリスマス間近のとある高校の昼休み。
主人公、冬原俊樹(名前変更可)は、岡崎真由吏(おかざきまゆり)に片思いしたままだった。
しかし、「俺、岡崎に告る」というクラスメイトの発言をきっかけに
岡崎真由吏をクリスマスのデートに誘おうと頑張ってみた――。


以上、公式HPから引用。


aiGameさんからは4作品目のご紹介ですね。
"ギャルゲには珍しい、自分から動く「逆転」ギャルゲ。"
という触れ込みですが、そのあたりはいかがでしたか?


そうですね。あらすじにもある通り、パッとしない印象の主人公なのですが、
それでも果敢にヒロインにアタックする姿には共感できます。


序盤から主人公のライバル?が多数出現しますもんね。

はい。まあ、全員端役なんですけどね。
でも、最初は引っ込み思案っぽい主人公が、だんだんと勇気を出していく。
不器用でぎこちないながらも、なんとかヒロインに話しかける。
そんな姿にはなんとなくリアリティを感じてしまうんですよね。
応援したくなってしまうというか。


なんと言うんでしょう、不思議な魅力がありますよね。
その紆余曲折が、ハッピーエンドを際立たせていたように思います。


そうですね。ですが一方で、ちょっとあっさりし過ぎな感も無きにしも非ずでしょうか。
短い制作時間の中での作品なのであまり言えないのですが、
例えばヒロインの心情などをもう少し深く描写できれば、
物語に、より説得性が生まれていたかもしれません。
その上で主人公の葛藤などを絡ませられれば、
安心して読み進められる作品になるのではないかと思います。


とは言うものの、簡潔ながらきちんとルート分岐が用意され、
かつおまけ等もありますから外観上はかなり整えられていると言えます。
総括に移りましょう。
選択肢で3つのルートに分岐するアドベンチャー形式。
攻略可能人数は1名で、総プレイ時間30分ほどの短編です。
音楽やグラフィックはオリジナルのものが使われており、
特にヒロインは可愛らしく描かれていて◎。
機能は一通りそろっており、おまけモードも充実しています。
主人公の名前が変更可能なのも良いですね。
あと、一枚絵を動かしたり等の細かな演出も光っていたと思います。

というわけで、「ギャルゲリバース」のご紹介でした。
少し駆け足ですが、本日はそろそろこのあたりで。
お付き合い頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!
プロフィール

けんのすけ@アイスペ

Author:けんのすけ@アイスペ
○このブログについて○

・日記

・ノベルゲームやアドベンチャーゲームのレビュー

・その他音楽やソーシャルゲームなど

に関する記事を扱っていました。
2018年1月末日をもちまして、
記事の更新を終了させて頂きました。



○ゲームのレビューについて○

フリー・商業問わず感想などを記事にしています。
全体的には発表されたのが昔の作品が多めです。
ネタバレはできるだけしないようにしますが、無いとも限りませんのでご了承ください。
原則、フリーの作品は甘目、商業の作品は辛目のレビューになっています。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

毎度御訪問ありがとうございます。 あなたは

番目の訪問者様です。

メールフォーム

けんのすけ宛てにメッセージを送ることができます。 メールアドレスはお間違いのないようご記入ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログ様

お世話になっているブログ様へのリンクです。 長期間更新の無いブログ様へのリンクは整理させて頂きました。

このブログをリンクに追加する
バナーが必要でしたら「右クリック」→「名前を付けて画像を保存」でご自由にお持ち帰り・お使いください。

お世話になっているサイト様

お世話になっているサイト様へのリンクです。 上記「リンク一覧」内の各項目も合わせてご覧下さい。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。